古賀克重法律事務所ブログ

福岡県弁護士会所属弁護士 古賀克重(こが かつしげ)の活動ブログです。

長崎県教育長が「裁判で解決が長期化した」と失言、中3いじめ自死問題

長崎県教育長が裁判で長期化と答弁  長崎の中3いじめ訴訟が和解で解決しました。 ・「長崎中3いじめ自死訴訟で和解が成立」(2017/9/5)  これに対して、長崎県の池松誠二教育長が9月21日、定例議会の一般質問で以下の

Read more

長崎中3いじめ自死訴訟で和解が成立、両親は加害生徒との対話を訴え

◆長崎中3いじめ自死訴訟とは  長崎いじめ自死訴訟とは、中学生3年生がいじめを苦に自殺したため遺族が学校を運営する新上五島町(しんかみごとうちょう)及び長崎県を被告として長崎地方裁判所に損害賠償請求訴訟を提起した事案です

Read more

原発いじめ第三者委員会報告書の二つの問題点

◆長崎いじめ自死訴訟に出頭  いじめ自殺訴訟で遺族代理人として長崎地裁の進行協議に出廷しました。中学生がいじめを苦に自殺したため遺族が学校を運営する町・県を被告として損害賠償請求した事案です。  町側は第三者委員会がいじ

Read more

高校3年生自死問題で「再調査の必要性なし」、福岡県の再調査委員会が答申へ

福岡市内私立高校3年生が2013年11月、マンションから飛び降りて自死しました。 学校は第三者委員会を設置して、第三者委員会は1年間の調査の結果、14件のいじめを認定。 その上で、第三者委員会は2015年3月、日常的な暴

Read more

保育事故防止のためのガイドラインを作成へ、睡眠中・食事中の注意点を明記

国の専門家会議が7月13日、保育所や幼稚園など保育施設における子どもの事故を防ぐため、ガイドライン骨子案を策定しました。 今回の骨子案をもとに具体的な内容は秋までに決定される見込みです。 2014年に把握された保育施設の

Read more

子供の非行や問題行動について相談を受け付け、法務少年支援センターが呼びかけ

法務省が「子供の非行問題の相談」のコーナーを更新しました。 「子供が学校で友達とトラブルを起こしてしまって困っている」、「家庭内でのしつけについて悩んでいる」といった悩みを抱えた家庭は多いと思います。 そのような悩みにつ

Read more

少年院法が66年ぶりに全面改正、少年鑑別所法も新たに施行

◆少年院法改正の経緯  新少年院法及び少年鑑別所法が本日平成27年6月1日から施行されました。平成26年6月4日に参議院で可決され、同年6月11日に公布されていたもの。  旧少年院法は、昭和24年施行以来、60年以上も抜

Read more

熊本でまたいじめ自殺?熊本市教委が第三者機関を設定して調査へ

熊本私立中学校2年生の女子生徒が3月20日、自宅マンションから転落死しました。女子生徒は1月から数人の生徒から嫌なことを言われていると担任教諭に相談していました。 そのため自殺の可能性もあるとして警察も捜査を開始していま

Read more

「家庭の法と裁判」が創刊準備、家裁月報の廃刊を受けて

最高裁が1949年以来発刊してきた「家庭裁判月報」。 毎月、家事や少年事件の審判例や各特集・統計を乗せて、裁判官・研究者・弁護士などこの分野の実務の参考になってきた代表的な文献でした。 私が手に取るようになったのは少年審

Read more

いじめ自殺訴訟で和解成立、加害者が遺影・位牌に合掌を条件に

群馬県の私立小学校において小学校6年生がいじめによって自殺したとして、遺族両親が加害少女と母親に対して損害賠償請求を求めていた訴訟で、和解が成立しました。 目を引いたのは遺影と位牌に頭を下げることを条件にしたという点です

Read more

大津いじめ自殺から3年、教育現場の意識は変わったか

大津市立中学2年の男子生徒がいじめを苦にマンションから飛び降り自殺した事件から、10月11日で丸3年を迎えます。 この事件をきっかけとして、2013年9月には「いじめ防止対策推進法」が施行され、法律に沿った態勢作りは一見

Read more