古賀克重法律事務所ブログ

福岡県弁護士会所属弁護士 古賀克重(こが かつしげ)の活動ブログです。

追突事故によって後遺障害を負ったと主張された交通事故訴訟で後遺障害・休業損害等を否認した判決、自保ジャーナル2076号

◆自保ジャーナル2076号56頁の紹介  私が担当した交通事故訴訟の判決(熊本地裁令和2年2月21日)が、判例雑誌である自保ジャーナル(2076号56頁)に掲載されましたのでご紹介します。  自保ジャーナルとは株式会社自

Read more

仙台市立病院で医療事故、心嚢穿刺による心臓損傷で高次脳機能障害に

◆仙台市立病院が600万円で示談  心臓損傷による高次脳機能障害の医療事故が発生し、仙台市立病院が患者に対して金600万円を支払う内容にて示談したことが報道されました。 ◆心嚢穿刺とその合併症  心嚢(心膜)は、心臓を収

Read more

民事裁判IT化の1歩・民事裁判でのWEB会議がスタート、チームズのウェブ会議の使用感とは

◆民事裁判のIT化とは  ここ最近、民事裁判のIT化という言葉が良く聞かれるようになってきました。報道でも目にすることが増えています。  ただ「民事裁判のIT化」という言葉は広い概念であり、従来からもIT化の試み自体は行

Read more

謹賀新年2019年のご挨拶、弁護士25年目の区切りを迎えて

明けましておめでとうございます 皆様よき新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。 旧年中も大変お世話になりました、今年も古賀克重法律事務所をどうぞ宜しくお願いいたします。 1995年に弁護士登録して以来、2019年は弁護

Read more

交通事故判例百選が18年ぶりに改訂、「交通事故と医療事故の競合」など42判例が差し替え・追加

判例百選が18年ぶりに改訂 交通事故判例百選が18年ぶりに改訂されて第5版が刊行されました。 原審である東京高裁判決は、交通事故と医療過誤の寄与度による賠償責任の分別を認めて、医療機関に対して1000万円余の支払を命じま

Read more

「交通賠償実務の最前線」、医療過誤と交通事故の因果関係の違いとは

日弁連交通事故相談センター設立50周年 財団法人日弁連交通事故相談センターが設立して50周年を迎えました。 同センターは日弁連が設立母体となって、昭和42年9月に設立されたものであり、法律扶助協会に次ぐ二番目の日弁連関係

Read more