古賀克重法律事務所ブログ

福岡県弁護士会所属弁護士 古賀克重(こが かつしげ)の活動ブログです。

腸閉塞の緊急手術中に全身麻酔の挿管により嘔吐して死亡、富士市立中央病院が1億2000万円で裁判上の和解

 腸閉塞の緊急手術のため受けた全身麻酔によって呼吸不全等にて40代の男性患者が死亡したケースにおいて、医療機関側が約1億2000万円の賠償額を支払う和解に応じることが明らかになりました。

 男性患者は9月4日未明に腹部の不快感や腹痛を訴えて静岡市救急センターを受診。その後、静岡市立中央病院に転院して治療を受けていました。
 これに対して同病院が保存的治療を選択しましたが、患者には腹痛や嘔吐が継続しました。
 9月5日午後にいたって同病院はようやく緊急手術を行いましたが、全身麻酔をかけて挿管しようとしたところ、大量の嘔吐・誤嚥を引き起こし、同日20時すぎに循環不全・呼吸不全で死亡したものです。

 原告(男性患者遺族)は、静岡地方裁判所沼津支部に損害賠償請求訴訟を提起して、緊急手術が必要な絞扼性イレウスの疑いがあったにもかかわらず、早期発見のための検査を実施せず、適切な治療が行われなかったと主張していたものです。

 ちなみに同病院の医療事故調査委員会は2014年、「医療ミスとはいえない」と結論づけていましたが、提訴後、裁判所の和解案を受け入れたという経緯があります。

 急性腹症とは「急激には発症して腹痛を主訴とする疾患の総称」をいいます。

 その中で腸閉塞(イレウス)は腸内容物の肛門側への搬送が機械的または機能的原因によって障害された病態をいいます。
 そして絞扼性(こうやくせい)イレウスの場合には腸管の血行障害が加わるため、腸管は粘膜側から壊死に陥り、漿膜側まで壊死が達すると非可逆的な状態になります。さらに穿孔等が起これば急性腹膜炎の症状が出現し、重篤な状態となるわけです。

 このように急性腹症の中には絞扼性イレウスのように死に達する場合もありますから、適切な検査・診断が求められます。

 私が原告代理人として担当した訴訟でも、夕食でヒラスを食べた2時間後に激しい腹痛が持続するため、救急車で医療機関を受診したにもかかわらず数日間、保存的治療を継続したため死亡したというケースがありました(ケース「内視鏡 絞扼性イレウス見落としの過失による死亡」)

訴状などによると、男性は14年9月4日未明に腹部の不快感を訴え、市救急センターを受診。市立中央病院に移り治療を受けたが、腹痛や嘔吐が治まらず、同日午後10時五51分に腸閉塞による循環不全・呼吸不全で死亡した。

遺族側は、緊急手術が必要な絞扼性腸閉塞の疑いがあったにもかかわらず、診断が遅れ、適切な治療が行われなかったため死亡したなどと主張していた。病院内の医療事故調査委員会は当初、医療過誤とは判断せず、公表を見送っていた。合意について、遺族側の代理人は「主張がほぼ認められた」と話している。

院長は「医療過誤が起きたことについて、その責任を痛感し、亡くなられた患者および遺族に深くおわび申し上げる。今後はより良い医療の提供と、信頼される病院づくりに努める」とのコメントを発表した(2月9日付け中日新聞)