福岡の弁護士 古賀克重法律事務所

無料法律相談予約はこちら

092-735-1170

弁護士紹介

弁護士とは「依頼者のパートナー」です。

1995年に弁護士登録して以来、今年で21年目を迎えました。 医療事故・医療過誤事件、消費者事件、子どもの権利薬害HIV訴訟・ハンセン病訴訟などの集団訴訟の4分野に力点を注いで活動。
薬害肝炎九州訴訟弁護団事務局長を務める傍ら、2006年度は福岡県弁護士会・業務事務局長を務め、2013年度は福岡県弁護士会副会長、2015年度は法律相談センター委員会委員長に就任しました。
一方で、勤務弁護士経験により、民事事件の迅速かつ的確な処理、顧問先との信頼関係の醸成、大局からの筋の見方等を学びました。

2002年に設立した「古賀克重法律事務所」の理念は、少数精鋭スタッフによる「依頼者のパートナー」であること。
必要な法的情報を開示し、処理方法について十分に説明を行い、依頼者の方の選択によって事件処理を図る・・・
当事務所はこのような「依頼者のパートナー」として事件処理を行っています。

弁護士 古賀克重(こが かつしげ)

福岡県弁護士会所属弁護士 古賀克重(こが かつしげ)

  • 1967年 生まれ
  • 久留米附設中学校・高等学校 卒業
  • 一橋大学法学部 卒業
  • 1995年 弁護士登録(47期)
  • 2002年 「古賀克重法律事務所」 設立

経歴

福岡県弁護士会関連

  • 福岡県弁護士会・法律相談センター委員会・委員長(2015・2016年度)
  • 福岡県弁護士会副会長(2013年度)
  • 対外広報委員会委員長(2012年度)
  • 法律相談センター委員会 サテライトPT座長(2010~2012年度)
  • 福岡県弁護士会・常議員(2002・2003・2011・2012年度)
  • 福岡県弁護士会・業務事務局長(2006年度)
  • ホームページ委員会委員長(2002~2005年度)
  • 消費者委員会副委員長(2003年度)
  • 子どもの権利委員会副委員長(2002年度)

医療訴訟・医療問題・集団訴訟関連

  • 薬害肝炎九州弁護団事務局長
  • 九州山口医療問題研究会幹事
  • 医療事故情報センター正会員
  • 福岡県弁護士会・医療ADR仲裁員(患者側仲裁員)
  • 日本弁護士連合会・医療ADR特別部会委員
  • 厚生労働省・医療ADR連絡調整会議メンバー
  • 九州歯科大学非常勤講師(担当「患者の権利」)
  • 薬害オンブズパースン タイアップグループ福岡・副代表
  • 薬害HIV訴訟弁護団
  • ハンセン病違憲国賠訴訟弁護団
  • 子宮頸がんワクチン薬害訴訟 九州弁護団副代表

メディア情報

著書・論考

テレビ・ラジオ

  • LOVE FM「ラブスタ法律相談所」
    LOVE FM「ラブスタ法律相談所」

    LOVE FM 「TENJIN UNITED」の新コーナー「ラブスタ法律相談所」が開設。
    弁護士古賀克重が、身の回りの法律問題に分かりやすく丁寧にアドバイスしています。毎月第2・第4火曜日のランチタイム 12:20~出演中。

  • KBC(テレビ朝日系列)「サワダデース」
    KBC(テレビ朝日系列)「サワダデース」

    「奥様の知りたい法律」に出演中。

  • 各報道番組に出演

雑誌・新聞

古賀克重法律事務所

法律相談料は無料です

医療事故や医療訴訟、遺産問題、離婚・男女トラブル、フランチャイズ紛争、自己破産・債務整理・個人再生、消費者問題など、法律相談は無料です。まずはお気軽にご相談ください。

※土・日・夜間の法律相談については平日受付の上ご予約が必要となります。

無料法律相談予約はこちらから

092-735-1170

受付時間: 平日 9:00~17:00

Web予約はこちら