古賀克重法律事務所ブログ

福岡県弁護士会所属弁護士 古賀克重(こが かつしげ)の活動ブログです。

C型肝炎ニュース厚生労働省薬害教育薬害肝炎

世界肝炎デー・日本肝炎デーは7月28日、肝炎デーフォーラムを開催

世界肝炎デー・日本肝炎デー

 WHO(世界保健機関)が2010年5月のWHO総会において、世界的レベルでのウイルス性肝炎の蔓延防止等を目的として、7月28日を「世界肝炎デー(World HepatitisDay)」とすることを決定しました。

 WHOの呼びかけを受け、厚生労働省は毎年7月28日を「日本肝炎デー」に設定したものです。

 具体的には、国や地方公共団体、医療機関などが協力し、肝炎の病態、予防、治療について正しい理解が進むよう普及・啓発活動を行い、肝炎ウイルス検査を促進しているもの。

 また、毎年、7月28日を含む月曜から日曜までの1週間を「肝臓週間」と設定しています。

 日本肝臓病患者団体協議会は、患者独自の視点から毎年「肝炎フォーラム」を開催し、薬害肝炎原告団も参加するなど協力しています。

今年の肝炎フォーラム

 今年の肝炎フォーラムは、「ウイルス性肝炎について考える~B型肝炎の最新情報とC型肝炎SVR後に注意すること~」と題する医療講演会を開催します。

 C型肝炎は治癒(ウイルス排除)できる病気になりましたが、治癒するまでの期間に肝臓の繊維化が進んでしまっていることがあります。そのためSVRになった後から、肝硬変・肝癌が発症してしまうケースもあるため注意が必要なのです。

 SVR後の注意点という薬害肝炎原告団としても注目している論点になります。

日時:2024年7月28日 13時~15時30分

会場:東京YMCA会館 カフマンホール(千代田区神田駿河台1-8-11)

参加費:無料(定員180名・要申込)

医療講演会(あなたの質問にお答えします)
 「ウイルス性肝炎について考える ~B型肝炎の最新情報とC型肝炎SVR後に注意すること~」
  講師 八橋 弘先生(長崎医療センター名誉院長、長崎県病院企業団企業長)

関連記事

第60回日本肝臓学会総会が熊本で開催、患者も参加し肝炎医療コーディネーターの取組を報告

「肝炎患者から学生さんへ、患者肝炎医療コーディネーターが伝えたいこと」が発刊

関連情報

日本肝炎デー・肝臓週間について(厚生労働省)

日本肝炎デー(福岡県)

肝がん白書(日本肝臓学会)

日本肝臓病患者団体協議会

投稿者プロフィール

弁護士 古賀克重
弁護士 古賀克重弁護士
弁護士古賀克重です。1995年に弁護士登録以来、患者側として医療過誤を取り扱っています。薬害C型肝炎訴訟の弁護団事務局長として2008年の全面解決を勝ち取りました。交通事故も幅広く手掛けており、取扱った裁判が多数の判例集で紹介されています。ブログではその主たる取扱い分野である医療過誤・交通事故について、有益な情報を提供しています。

弁護士 古賀克重

弁護士古賀克重です。1995年に弁護士登録以来、患者側として医療過誤を取り扱っています。薬害C型肝炎訴訟の弁護団事務局長として2008年の全面解決を勝ち取りました。交通事故も幅広く手掛けており、取扱った裁判が多数の判例集で紹介されています。ブログではその主たる取扱い分野である医療過誤・交通事故について、有益な情報を提供しています。