改正薬害肝炎救済法が成立、救済期限2028年1月まで延長と劇症肝炎の解決

改正の必要性  改正薬害肝炎救済法が2022年12月10日、参議院で審議され可決成立しました。 薬害肝炎救済法は2008年1月16日に制定されました。(正式名称は、「特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第Ⅸ因子製剤によ

続きを読む

薬害C型肝炎全国弁護団が一斉提訴、救済法延長を求めて

薬害肝炎全国弁護団が一斉提訴  薬害肝炎全国弁護団が2022年10月14日、一斉提訴を行いました。薬害肝炎救済法の期限が2023年1月に迫る中、臨時国会での法改正を求めています。 今回の提訴は仙台地裁5件、東京地裁2件、

続きを読む

薬害肝炎原弁と後藤厚労大臣との協議会を開催、救済法期限延長と劇症肝炎解決を求めて

後藤厚労大臣との大臣協議を開催  2022年7月26日、2022年度の薬害肝炎全国原告団弁護団と厚生労働大臣との間の大臣協議が厚生労働省で開催されました(アイキャッチ画像は昨年度のもの)。 大臣協議は毎年7月~8月にて日

続きを読む

謹賀新年2022年のご挨拶

新年のご挨拶  新年明けましておめでとうございます。 旧年中も大変お世話になりました。  2021年の古賀克重法律事務所は、力を入れている交通事故、医療過誤にくわえて、不動産・住宅、宗教問題、フランチャイズの相談が多い1

続きを読む

薬害肝炎原弁と田村憲久厚労大臣との大臣協議を開催、新型コロナにもみられる感染症への差別偏見解消への取組み

2021年度田村憲久厚労大臣との大臣協議を開催  2021年7月29日、2021年度の薬害肝炎全国原告団弁護団と田村憲久厚生労働大臣との間の大臣協議が厚生労働省で開催されました。  詳細は薬害肝炎原告団サイトにて報告予定

続きを読む

薬害肝炎全国原告団会議をZoomで初開催、厚労大臣協議をふまえ病院調査の課題などを再確認

◆薬害肝炎全国原告団弁護団会議をウエブ会議で初開催  令和2年8月18日に開催した厚生労働大臣との定期協議をうけて、薬害肝炎全国原告団会議が2020年9月12日、東京で開催され、50名近い原告・弁護士が参加しました。  

続きを読む

厚労省研究班が「座談会~肝炎患者のおかれた状況について考える」を開催し、冊子を発刊

◆肝炎ウイルス感染者の偏見や差別による被害防止への効果的な手法の確立に関する研究」班の活動とは  「肝炎ウイルス感染者の偏見や差別による被害防止への効果的な手法の確立に関する研究」班(主任研究者八橋弘)が立ち上がって3年

続きを読む

ハンセン病家族訴訟、熊本地裁が国の責任を認める初判決

◆ ハンセン病家族訴訟とは  ハンセン病家族訴訟とは2016年2月15日、九州・関西在住の59名が被告国に対して損害賠償と全国紙への謝罪広告を求めて開始した裁判です。  その後、同年3月29日にも追加提訴し、最終的には5

続きを読む

「薬害肝炎 国と闘い12年」、全国原告団前代表山口美智子さんインタビュー

 薬害肝炎全国原告団の代表を2006年から12年務めてきた山口美智子さんが2018年、原告団代表を退任しました。  ちょうど2018年4月の代議員総会が役員改選時期でしたが、山口さんから退任の申出があったものです。九州原

続きを読む

旧優生保護法による知的障害者に対する強制不妊手術で訴訟提起、政治的解決も視野に動き

◆ 仙台地裁に初提訴、そして追加提訴  旧優生保護法(1948年から1996年)によって知的障害者が不妊手術を強制されていた問題。  知的障害を理由に不妊手術を強制されたとして、宮城県の女性(60代)が2018年1月30

続きを読む

慢性肝炎治療薬ハーボニーがジェノタイプ2型の効能・効果を追加、貧血患者もリバビリンなしでの治療が可能に

◆ ハーボニー配合錠  ギリアド・サイエンシズの「ハーボニー配合錠(レジパスビル・ソホスブビル配合剤)」は2015年7月3日、製造販売承認を取得した経口C型慢性肝炎治療薬です。  いわゆるインターフェロン以外の新しい薬と

続きを読む