謹賀新年2022年のご挨拶

新年のご挨拶

 新年明けましておめでとうございます。
 旧年中も大変お世話になりました。

 2021年の古賀克重法律事務所は、力を入れている交通事故、医療過誤にくわえて、不動産・住宅、宗教問題、フランチャイズの相談が多い1年でした。

 交通事故は顧問先、保険会社からの依頼、弁護士特約を利用した個別の依頼など多種多様な事件を手がけました。専門誌である自動車保険ジャーナルにも複数の勝訴判決を掲載して頂きましたのでご参照ください。

 医療事故は複数の事件で示談解決に至るとともに、福岡地方裁判所に提訴した事件が佳境を迎えつつあります。2022年も現時点で2件提訴予定がありますので、鋭意取り組む所存です。弁護団事務局長として2002年以来対応している薬害C型肝炎問題も最終ゴールを目指した活動を継続しています。

2022年を迎えて

 受任したりご相談を受けた事件を振り返ると、コロナ禍という特殊な社会情勢の影響を受けた紛争も少なくありませんでした。社会が動き出した2022年もコロナの揺り戻しを複雑に受けつつ、様々な紛争が発生することでしょう。そのような背景も敏感に感じ取りながら、長年の弁護士として培った経験とノウハウを生かして活動していきたいと思います。

 気が付くと弁護士30年目も近づいてきました。弁護士としての力量を最大限発揮できる「脂の乗り切った時期」であることを意識しつつ、事件解決に反映させたいと思うところです。

 2022年も引き続き一件一件丁寧かつ迅速な事件処理を手掛けてまいります、今年もよろしくお願いいたします。

迎春古賀克重法律事務所

関連記事

追突事故によって後遺障害を負ったと主張された交通事故訴訟で後遺障害・休業損害を否認した判決、自保ジャーナル2076号
自保ジャーナル2070号96頁、担当した交通事故訴訟判決の解説
薬害肝炎原弁と厚生労働大臣との大臣協議2021
民事裁判IT化に向けた弁護士の準備と心構え、e法廷の全国的な広がり