福岡の弁護士 古賀克重法律事務所

無料法律相談予約はこちら

092-735-1170

交通事故 裁判例・解説

古賀克重法律事務所 交通事故 裁判例・解説

日本全国の交通事故は年間53万6899件、死者数4177人、負傷者数66万6023人(平成27年・警察庁調べ)にも達しています。
福岡県内の交通事故に限っても年間3万9734件、死者数152人、傷者数5万2758人に達しています(平成27年・福岡県警調べ)。

このような多数の交通事故の発生に比例して、全国の簡易裁判所に提訴された損害賠償請求訴訟も急増しています。
2005年は5000件を下回る程度でしたが、2015年には1万9000件を越えています。
簡易裁判所の全ての裁判数が、2009年の65万8000件から2015年の32万1000件と半減していますので、交通事故訴訟の増加ぶりが分かるかと思います。

その背景は、弁護士費用特約保険(弁護士特約)の普及です。弁護士特約とは、年間2000円から3000円程度の保険料で、事故に合って損害賠償請求する場合には、紹介した弁護士、もしくは、自分が選任した弁護士に対して弁護士費用を支払ってくれる制度です。

そのため例えば、駐車場で接触して5万円の損害が発生したが過失割合が納得いかない、交差点でミラーが接触したが信号の色に食い違いがある・・・というように少額の紛争でこれまでは弁護士を選任すると費用倒れになったようなケースについて、弁護士を選任できるようになっているのです。

一方でその解決水準は自賠責保険基準、任意保険会社基準、裁判基準と分かれています。そのため被害者が十分な被害賠償を受ける、逆に加害者が不正な支払を行わないために、弁護士がその解決に関与していく必要性が極めて高い分野といえるでしょう。

実際、最高裁判所の司法研修所も、簡易裁判所の審理を迅速に進めるためのポイントを手引きにまとめて、福岡簡易裁判所を含めて全国の簡易裁判所に配付するほどです。
その中では、「交差点の衝突事故で双方が青信号と主張しているケース」、「バックで駐車場に駐車しようとしたら、横に停車していた車が動いて接触したケース」など10の事例を取り上げて、事実認定のポイントを解説しています。

そして交通事故の多さに比例して、裁判例もいわば星の数ほどあるのが実情です。

ここでは損害の公平な分担という不法行為制度(民法709条)の趣旨を実現するために参考になる裁判例について、弁護士古賀克重が随時解説していきたいと思います。

交通事故 裁判例・解説

カテゴリ別一覧

大阪地裁 平成31年1月30日判決後遺障害

54歳男子の四肢麻痺について後遺障害2級1号を認定し、職業介護人による将来介護費は日額8000円を認めた

詳しい解説を読む »

横浜地裁 平成30年12月26日判決過失相殺

合図せず車線変更後、後続車両にクラクションを鳴らされ意図的な急減速によって追突された車両の過失を6割認定した

詳しい解説を読む »

横浜地裁 平成30年11月2日判決高次脳機能障害歩行者

高次脳機能障害について、4能力のいずれか1つ以上の能力の半分程度が失われているとして後遺障害7級を認定した

詳しい解説を読む »

横浜地裁 平成30年3月19日判決後遺障害

重度意識障害による後遺障害1級の被害者について、入院雑費として日額1500円を平均余命まで認め、付添費用として隔日、日額6500円を平均余命まで認めた

詳しい解説を読む »

東京地裁 平成30年6月22日判決後遺障害自転車

男子医学部生の自賠責12級右頬部瘢痕の後遺障害逸失利益を否認し、後遺障害慰謝料320万円で考慮した

詳しい解説を読む »

横浜地裁 平成30年5月18日判決過失相殺

前回追突事故による腰椎椎間板ヘルニア既往の被害者について3割の素因減額を認めた

詳しい解説を読む »

さいたま地裁熊谷支部 平成29年7月5日判決高次脳機能障害歩行者

頭蓋底骨折の傷害により高次脳機能障害2級の後遺障害を後遺した女子高校生の損害について2億3000万円余りの賠償を命じた

詳しい解説を読む »

名古屋地裁 平成30年3月20日判決高次脳機能障害自転車

事故後に意識障害が生じ情緒障害・行動障害が認められる15歳女子に高次脳機能障害を認め、労働能力20%喪失の逸失利益を認定した

詳しい解説を読む »

神戸地裁明石支部 平成29年12月22日判決後遺障害歩行者

歩行中に乗用車に衝突して右膝後十字靱帯損傷による後遺障害12級について、事故前の治療歴から4割素因減額した

詳しい解説を読む »

金沢地裁 平成29年9月26日判決高次脳機能障害自動二輪車(オートバイ)

高次脳機能障害7級の認定は、家族の補助なければ仕事不可能であるから十分信用できると判断した

詳しい解説を読む »

横浜地裁 平成29年7月14日判決後遺障害

自賠責14級認定を受けた32歳女性が事故1週間後から約1年9ケ月渡航していたこと等から後遺障害の残存を否認した

詳しい解説を読む »

東京高裁 平成29年4月13日判決(最高裁平成29年9月15日決定)後遺障害

要介護3の50歳代男性が追突された症状は軽微で1か月程度で治癒と認定し、休業損害も否認した

詳しい解説を読む »

横浜地裁 平成29年7月18日判決後遺障害自動二輪車(オートバイ)

後遺障害1級1号の四肢麻痺等を残す50歳男性の人身損害額として4億3328万円を認定した

詳しい解説を読む »

さいたま地裁 平成29年6月1日判決後遺障害

追突事故によって12級13号後遺障害が残存したとの原告の主張に対し事故との因果関係を否認し、頸椎・腰椎の身体的素因から3割素因減額した

詳しい解説を読む »

名古屋地裁 平成28年12月21日判決過失相殺

被害者の親族が被害者のエホバの証人としての信条に基づき輸血を拒否したことについて、輸血拒否がなく通常どおり手術が行われた場合には被害者が死亡しなかった可能性があることから、損害の公平な分担の観点から被害者に30%の過失を認めた

詳しい解説を読む »

横浜地裁 平成29年6月29日判決逸失利益

右上肢の神経症状等から後遺障害12級を請求した女子美容師の逸失利益について自賠責認定14級10年間5%の限度で労働能力喪失を認めた

詳しい解説を読む »

仙台地裁平成28年12月26日判決慰謝料歩行者

無免許・飲酒・仮眠状態の車に衝突された死亡慰謝料3000万円、夫200万円の固有の慰謝料を認めた

詳しい解説を読む »

札幌地裁平成28年3月30日判決後遺障害歩行者

1級1号遷延性意識障害を残し余命期間にわたって入院の30歳男子の将来医療費を年額840万円で認定した

詳しい解説を読む »

大阪地裁平成28年8月29日判決後遺障害自動二輪車(オートバイ)

1級四肢麻痺を残す47歳男子の将来介護費を職業付添人と近親者合わせて日額1万8000円で認定した

詳しい解説を読む »

横浜地裁平成28年6月30日判決後遺障害原付自転車(オートバイ)

左大腿切断等から2級後遺障害を残す66歳男子の自宅付添費を日額3500円で認め、将来介護費は日額1000円で平均余命分認定した

詳しい解説を読む »

大阪地裁平成28年3月28日判決後遺障害

研修医の事故1か月半後に弾発股が発生したとの主張について因果関係を否認して後遺障害の残存も認められないと否認した

詳しい解説を読む »

大阪地裁平成28年2月5日判決後遺障害

第1事故で左膝痛12級を受ける28歳男子の第2事故による左膝可動域制限を10級認定し、加重部分を第2事故と因果関係のある後遺障害と認めた

詳しい解説を読む »

平成28年2月18日最高裁判所決定慰謝料歩行者

損保会社従業員が同意なく診断書等を取得しプライバシー権を侵害したとする慰謝料請求につき、原審(福岡高裁)は、一括払同意の客観的裏付けがあるので、個人情報取扱いについての同意も得ているとして請求を棄却し、最高裁も上告を受理しなかった

詳しい解説を読む »

東京地裁 平成27年12月24日判決因果関係

中央線を越えた衝突は直前にくも膜下出血を発症して正常な運転ができない状態に陥っていたと認定し、被告車の運行によって生じたとはいえないとして自賠責保険金の請求を棄却した

詳しい解説を読む »

大阪地裁 平成27年10月9日判決逸失利益歩行者

81歳女子医師の労働内容は夫の監護として賃金センサス女子学歴計70歳以上を基礎収入と認定した

詳しい解説を読む »

東京地裁 平成27年11月25日判決休業損害

歯科開業医の休業損害を全日休業の7日間100%、短時間診療の2日間50%、1時間短縮営業の50日間15%で認めた

詳しい解説を読む »

古賀克重法律事務所

法律相談料は無料です

医療事故や医療訴訟、遺産問題、離婚・男女トラブル、フランチャイズ紛争、自己破産・債務整理・個人再生、消費者問題など、法律相談は無料です。まずはお気軽にご相談ください。

※土・日・夜間の法律相談については平日受付の上ご予約が必要となります。

無料法律相談予約はこちらから

092-735-1170

受付時間: 平日 9:00~17:00

Web予約はこちら